SCROLL

Early Autumn, 2019

1

2019年秋冬シーズンのジョゼフ オムはいつにも増してレザーウェアが充実している。その魅力はもはやレザーとは思えないほど軽くしなやかな着心地。 そこには「素材の開発もデザインの一部」というジョゼフ オムの変わらないフィロソフィーが息づいているのだ。

JOGGER STYLE JOGGER STYLE JOGGER STYLE

JOGGER STYLE

VEGETABLE LEATHER LIGHT LAMB NAPPA
GOAT GLOVE LIGHT LAMB NAPPA

LEATHER COLLECTION
2019.9.13.fri - 9.29.sun

ジョゼフ オムの2019年秋冬シーズンは「レザーコレクション」が見どころだ。
今回のコレクションでジョゼフ オムがもっともこだわったのはラムスキンの「薄さ」。タンナーの高い技量を証明する薄さは、着る者に「快適さ」と「雰囲気」という恩恵をもたらす。厚さ0.4mmのラムスキンはストレスのないしっとりとした着心地を味わわせてくれる。一方の厚さ0.7mmのラムスキンはレザーの醍醐味というべき男らしい雰囲気を醸し出す。
今シーズンは5型のモデルと6色の力ラーという充実のラインナップ。また、ECサイトには、限定力ラーである鮮やかなスモークブルーをまとった3モデルが登場する。
運命のレザーウェアに出会える絶好の好機だ。

SHARE

  • Share on Facebook
  • Share on twitter