JOE'S

「SEASON IN THE POT」をコンセプトに、ファッションの様に季節に応じて替わる紅茶や日本茶、
中国茶をはじめとしたティーセレクションとアルコールや軽食もお楽しみいただけるセレクトブックカフェです。

季節の味わいを楽しめる紅茶に合わせたクラシックなスコーンやお好きな焼き菓子やスイーツをチョイスできる“ TEA SWEETS SET ”、
アフタヌーンにぴったりのティーサンドイッチなどもご用意しています。

Menu

  • Tea Sweets Set ¥1,750
  • Sandwiches ¥850~
  • Season inspiration Tea(Pot) ¥940~
  • French press coffee ¥600
  • etc,

店内には大きな本棚を設置しています。

「BOOK is not an interior」と名付けた店内の本棚には、ブックディレクター幅允孝氏率いるBACHによってセレクトされた希少本(ETERNAL 10)を実際に手に取り、楽しむ経験を提供し、厳選された本を通じてブランドとの対話を楽しんで頂けます。

ゆっくりと寛ぎながら、JOSEPHの世界観に触れて頂けるようなブックスペースやライフスタイル雑貨が充実した空間です。

『Birds of Britain』John d Green

(The Bodley Head Ltd)
1967年に刊行されたロンドンの広告写真家ジョン・ディー・グリーンによる写真集。スイングアクター、モデル、貴族、ファッションデザイナー、ブティックオーナー、ポップ歌手など総勢58人の女性をモノクロで収録。当時のイギリスの空気感を知ることのできる格好のヴィンテージブックとして人気の1冊です。表紙にはジョージ・ハリスンやエリック・クラプトンの前妻としても知られるモデルのパティ・ボイドを起用、くねらせた彼女の鼻に乗るユニオンジャックのコガネムシが印象的。

『Kassel Menu』Martin Parr

(FBF-Books)
イギリスの写真家マーティン・パーによるアーティストブック。スパムやチキン、ケーキにハンバーガーなど、いたって一般的な食べ物を彼らしい鮮烈な色調で撮影した写真46枚から、20枚を自由にスクラップしてオリジナルのメニューブックを作るという代物。レザーの本体も「ストロベリー」「 オレンジ」「 グリーンアップル」の3色がある。2015年に第7回カッセルフォトフェスティバルにあわせて350部限定、サイン付きで発売された。

『ENGLAND, ENGLAND』Julian Barnes

(JONATHAN CAPE)
ロンドン塔、二階建てバス、ウェストミンスター寺院、ガーデニング、シェイクスピア…イングランドのすべてを体験できる「イングランド・イングランド」の建設をワイテ島にて計画するジャック・ピットマン卿。やがて王室も島に移住し、タイムズ誌も島で発行されるように。「オールド・イングランド」と呼ばれるようになった本物のイングランドは…。イギリスのポストモダン文学を代表するジュリアン・バーンズによる小説。オリジナル版、サイン付き。

『A Potter's Book』Bernard Leach

(faber and faber)
イギリス人陶芸家バーナード・リーチが、自身の作陶における技術や哲学、思想をまとめた1冊。1940年刊行。日本とも馴染みが深いリーチ、来訪と滞在を繰り返し、柳宗悦や白樺派の作家と交流、6代尾形乾山のもとで陶芸を学んだ。そのときに出会った濱田庄司と共にイギリスに戻り、セント・アイヴィスに「リーチ・ポタリー」を開窯。手仕事の復権や、芸術としての陶芸の地位向上に大きく貢献しました。

『SNOWDON - A LIFE IN VIEW』Snowdon, Patrick Kinmonth

(Rizzoli International Publications Inc.)
イギリスの女王エリザベス2世の妹、マーガレット女王と結婚し、初代スノードン卿となった写真家アンソニー・アームストロング=ジョーンズ初の、自身による回顧録。イギリス皇室の公認カメラマンを経験後、多岐に渡る仕事を残したスノードンの作品は、ほのかに香るユーモアと裏表のない誠実さが感じられ、広くイギリス国民に愛されています。彼の仕事として有名な、デヴィッド・ボウイやチャーリー・チャップリン、イヴ・サンローランなど、各界を代表する著名人のポートレートも解説と共に紹介。つい先日の2017年1月13日に死去、86歳でした。

『Janfamily: Plans for other days』Janfamily

(Booth-Clibborn Editions)
英国王立美術大学出身のアーティストやデザイナーなどで結成されたヤンファミリーの作品集。 「How to make souvenirs」(おみやげを作る方法)「How to get to know someone」(誰かと知り合う方法)「How to find what you were looking for」(探しているものを見つける方法)など、日常と非日常をユニークなアプローチで組み合わせて表現する彼らのプロジェクトを紹介した数少ない1冊。

『Gary Hume: A Cat on a Lap』Ulrich Loock

(Other Criteria)
現代アートを牽引するケント出身の画家ゲイリー・ヒュームの作品集。近年ではファッションブランドMARNIやFRED PERRYとのコラボレーションなども手がけるなど、その活動範囲は多岐に渡ります。アルミニウムパネルの上に光沢塗料を用いて非常にシンプルな絵を描くことが特徴のヒューム。ホッキョクグマ、雪だるま、スーパーモデルなどのイメージを使用して描かれた魅力的な肖像画や抽象的な風景画を200以上収録。ダミアン・ハーストが設立した出版社Other Criteriaより。

『The Complete Spot Paintings』Damien Hirst

(Other Criteria)
ダミアン・ハーストの代表作の一つ“スポット・ペインティング”シリーズの1986年から2011年までの全作品を収蔵したもの。白いキャンバスに色とりどりの斑点を規則的に配し、一つの作品のなかでは同じ色は使わないなどのこだわりが。また個々の作品には薬品の名前が題名としてつけられているものが多く、カラフルな「スポット」は覚醒剤の錠剤の暗示であるとも言われています。本をしまうケースの内部にまでこだわりが見られる、スペシャルな造本も魅力。

『HEDI SLIMANE : ANTHOLOGY OF A DECADE, UK』Hedi Slimane

(JRP Ringer)
「ファッションを始める前から、誰かが考えをノートにメモする時のように、いつも写真を撮っていた。」という、ファッションデザイナーであり写真家のエディ・スリマンの写真集。2005年から2010年にかけてイギリスで撮影されたモノクロ写真。ロンドンのティーンネイジャーたちを写した”British Youth”シリーズや、ケイト・モスなどお気に入りのミュージシャンやセレブらのポートレートなどで構成。

『SMILE i-D: Fashion and Style: The Best from 20 Years of i-D』Terry Jones

(TASCHEN)
イギリスのファッション&サブカルチャー雑誌『 i-D』の創刊20年と200号を記念し刊行された1冊。元ヴォーグ誌英国版のアートディレクターだったテリー・ジョーンズが、ストリートカルチャーや 音楽により興味を持ち、1977年に新たな雑誌創刊に挑戦。初期のi-Dはホッチキスで留められたわずか40ページ程の雑誌だった。そこからi-Dの20年間に渡る既存ファッションへの挑戦の軌跡をあらわしている。

『The Rolling Stones』Bill Clinton

(Taschen America Llc)
ローリング・ストーンズの50周年を記念した公式大判写真集。バンドの歴代アーカイヴから写真、ビジュアルを厳選し、500ページを超えるヴォリュームで収められています。またメディア記事、年表、ディスコグラフィー、写真家の紹介なども掲載。バンドメンバーも制作に参加しており、「この本はただのロックではない、50年という記憶のレールを走るローラーコースターだぜ」(ミック・ジャガー)とコメントしています。

『BAILEY'S EAST END』David Bailey

(Steidl)
ヴォーグ英国版などで、激しく揺れ動く60年代のロンドンを撮影して注目されたイギリスのファッション写真の大御所デヴィッド・ベイリーが、1960年代以降継続的に撮り続けたロンドンのイーストエンド。ベイリーの地元でもあるこの地のクラブシーン、ストリート、オリンピック開催により変わる街の風景など620点の図版が収録されており、イーストエンドの社会的、物理的な変貌の約50年間にわたるドキュメントと言えます。

ゆっくり寛いで頂きながら、
JOSEPHの世界観に触れて頂けるような
ブックスペースやライフスタイル雑貨を
充実させています。

JOE’S CAFE
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1
GINZA SIX 5FJOSEPH内
TEL:03-3573-5380